カウンセリング・問診

噛み合わせ治療でもっとも大切なのはコミュニケーションです

カウンセリング 噛み合わせは、一般の歯科治療と異なり、非常にデリケートな側面をもっています。もちろん、当センターでは独自の測定技術の開発など、さまざまな取り組みを行っていますが、それと同じくらいに大切にしているのが「患者様の感覚」です。

たとえば、たった髪の毛1本でも、それが口の中にあれば相当な違和感を覚えると思います。

それと同じように、どんなに優れた検査装置を使ったとしても、患者様の感じる微妙な感覚をつかみきることはできません。もちろん感覚だけに頼る治療は非常に危険ですが、科学的な検査結果の双方を用いることで、ベストな噛み合わせを実現することができます。

このように、噛み合わせ治療において、患者様と私たちとのコミュニケーションは欠かせないものです。特に最初の段階では、具体的に困っていらっしゃる症状を中心に、じっくりお話を聞かせていただいております。

「具体的にどのように体調が悪いのか」
「どんなときにつらいのか」
「それはいつごろから起こったことなのか」
「噛み合わせの変化がいつごろあったのか」
「いつごろどこでどんな歯科治療を受けたのか」


など、およそ30分~60分ほどかけて、できるだけ具体的に、症状の詳細を伺います。

カウンセリングでは積極的に質問をしてください

また、当センターで噛み合わせ治療を受けられる患者様の多くは、さまざまな不安をもっていらっしゃいます。

問診票 たとえば…

「噛み合わせを直せば、本当に体調がよくなるのか」
「費用はどれぐらいかかるのか」
「治療期間はどれくらいなのか」
「どれぐらい頻繁に通わなければならないのか」


治療を受けていただくにあたって、このような不安があっては、安心して治療を受けていただくことができません。そのため、初回のカウンセリングでは、症状について伺うだけでなく、患者様からのさまざまなご質問にも、ご納得いただけるまで、できるかぎり丁寧に説明させていただきます。

もちろん、カウンセリングを受けたからといって、必ず治療を受けなければならないということではありません。むしろ、カウンセリングを通して当センターの治療方針や治療方法などについてご理解いただき、その上で治療するかどうか、じっくり決めていただければと考えています。

ですから、「噛み合わせがおかしいかもしれないな」と感じたら、まずは当センターにご連絡いただき、カウンセリングを受けていただければと思います。噛み合わせは日々刻々と変化していきます。悪化を防ぐためにも、まずはカウンセリングだけでも受けてみてください。

お電話でもお話をうかがっております

遠方の方や、お時間が取れない方のために、お電話でもお話を伺っております。カウンセリングではお口の中を拝見することも大切ですが、まずは何より皆さんがどのようなことでお悩みなのかしっかり伺うことが重要です。その意味ではお電話でもかなりのことがわかりますし、またお話を通して私たちの治療方針なども十分にご理解いただけると考えています。

実際、北海道、九州など遠方に限らず、東京都内の方も含め、多くの患者さんはお電話やメールでやりとりをさせていただいていますので、噛み合わせでいろいろお悩みでしたらまずはご一報いただければと思います。

ご相談について詳しくは下のボタンよりご確認ください。

ご相談はこちらから

次へ 測定・検査