T-Scan

最善の位置へ重心プレートを使って誘導

適性な噛み合わせとは「もっとも自然」な状態で顎が動き、噛み合う状態です。つまり、全ての歯がほぼ同じ力で噛み合い、さらにその噛み合った重心が中心点にくる状態を指します。

このT-スキャンは、測定装置を口腔内で噛み締めることにより、それぞれの歯の噛み合わせの圧力を測定し、さらに噛み合わせの重心の位置を把握できる測定機器です。

従来の「カーボン紙」による方法では、「かちかち」とカーボン紙を噛み、そこについたカーボンの跡を見るだけですから、噛み初めから噛み終りまでの動きをみることはできませんでした。しかし、このT-スキャンでは、右のように噛みこんだ状態だけでなく、噛む前の状態からしっかり噛みこむまでをミリ秒単位で測定し、動画にして圧力の変化を表すことのできる、噛み合わせ治療に欠かせない測定機器です。

筋肉は少しづつ変わっていきます~揺り戻しについて

しかし、このT-scanにも限界があります。それは、あくまでも測定する顎の動きが「今の状態」でしかなく、そのあごの動き自体が「適正な動き」しているとは限らないことです。つまり、今の状態はわかったとしても、「どこを調整すれば、ベストな状態になるのか?」まではこのデータだけではわかりません。

T-Scan また、噛み合わせの調整はミリ単位以下の世界ですかあら、上の動画をご覧いただいてもおわかりのように、一つ一つの歯の、さらに細かくどこに当たっているかまでは把握することはできません。つまり、このデータはあくまでも治療結果としてそれが適性だったかを確認するためのものであり、これだけで調整の方法を知ることはできません。

そこで重要になるのがOBCです。OBCは「適正な顎の動き」を再現しながら、噛みあわせの状態を一つ一つの歯ごとに細かく把握することができるため、調整そのものはOBCによって行っていきます。

しかしこのOBCも、あくまでも調整箇所を教えてくれるだけのものであり、顎全体の噛み合わせの圧力バランスを測定するものではありません。つまり、実際の治療ではOBCで調整を行い、さらにT-スキャンによって、その調整が本当に正しかったかどうか確認するという流れで治療を進めていきます。

私たちのかみ合わせ治療は、このOBCとT-スキャンとのセットによって、より効果的・短期的かつ正確に行うことができています。