進藤充夫:院長ごあいさつ

噛み合わせで悩む方々に、客観的で普遍的な治療手段を…

院長:進藤充夫 私たちの診療室では、患者様の全身の健康を考える治療を行っています。噛み合わせ治療を幹として、その他の口腔疾患を枝として、それぞれの分野を統合する知識と技術の修得に努めています。病は人の身体に発生し、それを治そうとするのもまた人である以上、共に手を携えて一人ひとりの患者様が常に健康で楽しく美しい身体を維持していかれることを最大の目的としています。

1906年(明治39年)に歯科医師法が施行されてから現在に至るまで、多くの先生方が噛み合わせについて開発研究され、臨床に多く取り入れられ、そして実績を上げています。しかしそれでも、最終的には経験と勘に頼らなければならないのが現状です。

私自身この点について本当に長い間悩んできましたが、当センターの治療の要であるOBCを考案してからは、そういった「経験と勘」に頼ることがなくなり、安定した治療結果を期待できるようになりました。 この装置は、患者さんが何を考え、何を悩んでいるのか、そしてその原因が何なのか、どこからくるのかを知らせてくれる、いわゆる患者様と歯科医師との間をとりもつメッセンジャーの働きをする装置だと考えています。

例えば、特定の歯が染みる、あるいは左右どちらかの奥歯が強くぶつかる、うまく噛めない、どこで噛んでいいかわからない、歯が浮く、歯が動く、歯茎が下がる、出血する・・・など口腔に関する数多くの症状がこの装置を適用して原因を追究・処置することにより、軽減・消失、あるいは回復に向かいます。 

OBCの開発に多大なるご協力をいただいた大月精工にて また、今まで他科で原因不明といわれていた多くの全身症状(一般的には、不定愁訴と呼ばれています)も、この装置を使用して噛み合わせを調整することで、顎位(噛み合わせの位置)が安定し、首の傾き、左右の肩の高さの不一致、背中のよじれ(猫背)、骨盤のずれ、O脚等が改善され、頭蓋から足に至るまでの筋肉・骨格・神経のバランスがとれて姿勢が良くなります。

そして何より大切なのが、こうした治療結果が安定して期待できること。これまでような、ドクターの勘に頼るだけではない、客観性と普遍性を持った、〈その患者さん個人にとって最も理想的な噛み合わせ〉を手に入れることができたことです。

もしもこの治療法が普遍化し、多くの先人の業績を継いで日夜患者様の真の健康獲得と維持のために奮戦されている歯科医の刻苦を軽減できれば、そして、今までにない歯科治療の新分野を開く礎の一石となればこの上ない喜びです。すでに何人もの先生方によって指摘されている通り、そして私自身の臨床実績からも、21世紀は《噛み合わせの時代》になると実感してやみません。

院長略歴

進藤充夫(しんどうみつお)
1950年 三重県生まれ
1976年 東邦歯科技工専門学校卒業
(現東邦歯科医療専門学校歯科技工士学科)
1981年 山梨県北杜市しんどう歯科医院勤務
1991年
同年
松本歯科大学卒業
東京都杉並区にシンドウデンタルオフィス開設
2005年 日本噛み合わせ研究センター設立
2009年 東京都練馬区に移転。 医院名を「バランス歯科」に変更